カルピス社が長年の研究により開発した枯草菌(C-3102株)配合サプリメント「ビオマイン」の特徴や口コミについてまとめました!

menu

ビオマインは下痢や便秘に効果はあるのでしょうか?

トイレ

ビオマインはカルピス社が発見した独自の枯渇菌(C-3102株)を配合しているサプリメントです。

枯渇菌(C-3102株)とはビフィズス菌や乳酸菌とはまた違う菌の一種です。
ビフィズス菌や乳酸菌は、よく「そのほとんどが大腸まで届かずに死滅してしまう。」ということがいわれてきました。

そのような背景から「腸まで届く乳酸菌(ビフィズス菌)」という謳い文句の製品が多く開発されてきました。

しかしせっかく腸まで届いたビフィズス菌や乳酸菌も、その人の腸内環境に合わなければそのまま体外に排出されてしまう可能性があり、思うような効果が得られないということもあります。
ビフィズス菌や乳酸菌にはたくさんの種類があり、本当に自分にあったものを見つけるのは簡単ではありません。

このビオマインは、もともと持っている『よいものを増やす!』という発送から開発されたもので、枯渇菌(C-3102株)は摂取した人の体内環境に合わせてフィットしてくれます。

今までの自分のからだに合わなければムダになっていたものと違って、枯渇菌(C-3102株)から合わせてくれるので体内環境がさらによいものとなります。
もちろんビオマインは99%生きて大腸まで届きます!

このようなことから、これまで自分の思い通りの乳酸菌やビフィズス菌に出会ったことがない方にもとてもオススメのサプリメントとなっているのです。
ちなみに善玉菌を増やす目的の腸に良いサプリメントは、便秘にも嬉しい効果が期待できます。

摂り過ぎると下痢になるというイメージを持っている方もいますがそのようなことはなく、腸内環境を整えることによって便秘の方にも下痢の方にも改善に向けて大きく働きかけてくれます。
カルピス社独自の貴重な枯渇菌(C-3102株)を、ビオマイン1日の摂取目安量3粒で約24億個も体内に摂り入れることが出来ます。

ビオマインで毎日のすっきり感の違いを是非体感してみてください^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加